岩崎忠好

記事一覧(79)

アンヌ・ヴィアゼムスキーの【それからの彼女】(DU BOOKS)を読んで

 眠れる森の美女は王子様の出現をただひたすら待たなければならないのでしょうか? 性的な興味が強くなるお年頃の娘さんを父親から隔離するという風習はあらゆる民族であったのだそうですが、眠り姫やラプンツェル、白雪姫などはそれを寓話化したという説があるそうです。全寮制の女子校なんてのもそういう事情から発生したのかも知れませんね。あっ、どうも岩崎(♂)です。 五月革命の熱が冷めやらぬ1967年、「中国女」に主演した当時19歳のアンヌ・ヴィアゼムスキーは、ヌーヴェルヴァーグの旗手ジャン=リュック・ゴダール(当時37歳)と結婚するわけですが、その激しくも短い結婚生活を中心とした私小説【それからの彼女】を読んで思ったのは、少女アンヌは中年ジャン=リュックに父性の様なものを求めていたのかな~という事です。 今の日本でもオジさんが若い女の子にモテるといわれる理由は「懐の広さ」がその一因だと思うのですが、ジャン=リュックはハッキリいって懐狭いよ! っていうかヒステリックすぎるよ! 未婚の僕がいうのも何ですが、ジャン=リュックは結婚には向いてないです。 また、アンヌはアンヌで承認欲求が強すぎだよ! 今でいう「かまってちゃん」です。しかも極度の。 自己顕示欲の強いアンヌとヒステリックなジャン=リュックがデタラメ過ぎて、この本を読んでいるうちに、何かもう、終いにゃ笑えてきました。 一番面白かったエピソードは、ジャン=リュックがビートルズを主演に迎えて映画を撮るという企画がポシャったというパートです。企画内容は「トロツキー暗殺」で、ジョン・レノンがトロツキー役という、実現してたらさぞ面白かったであろう事が予想されます。 僕はジョン・レノンに対して非常に温厚な人のイメージを持っていたのですが、【それから~】を読む限り、かなりの癇癪持ちです。会う度にジョンとジャン=リュックは喧嘩ばっかしてます。ジョンとジャン=リュックは共に急進的なリベラリストなので、腐女子のお姉様方が使うターム「宗教戦争」の状態だったのかも知れませんね。「宗教戦争」とは同じ作品やキャラクターが好き過ぎて(価値観が同じ過ぎて)喧嘩になってしまうという、カトリックとプロテスタントになぞらえて使われてるタームなのでしょうが、共に革命思想のジョンとジャン=リュックではさもありならんといった感じです。 ジョンとジャン=リュックが喧嘩をしているテーブルの下に潜り込み、アンヌとポール・マッカートニーはのんびりとお茶を楽しんでいたそうですが、性格がよく表されている描写だと思いました。 【それから~】はジャン=リュックの考えや私生活が克明に記されいる本なので、映画史的に一級品の資料になる可能性のある本だと思います。映画好きな人は読んでみる価値がある本だと思いました。

長江俊和さんの【検索禁止】(新潮社)を読んで

 現代人ならば「絶対に押すなよ!」と言われたら、もちろん押しますよねぇ。民話や神話の世界では「見てはいけない」と言われたら、そのタブーを犯さなければならない《見るなのタブー》というパターンがありまして、『鶴の恩返し』なんかはそのパターンの代表例でしょう。あっ、どうも岩崎(♂)です。 今回ご紹介させていただく長江俊和さんの【検索禁止】(新潮社)という本ですが、タイトルからして《見るなのタブー》の精神構造に訴えかける刺激的なタイトルです。欲望に忠実な僕は迷わず読んでしまいました。 【検索~】は5章立てで構成されていまして、第1章ではインターネットで検索するのに「自己責任が必要な案件」が紹介されています。それを大雑把に分類させていただきますと《都市伝説》と《それ以外》に分類できます(本当に大雑把でスイマセン)。《それ以外》は電波系やグロ系なのですが、リテラシーの高い今の人達は電波系やグロ系を検索する事はないでしょう。しかし、都市伝説は気になるのでは…?  都市伝説や怪談は怖いと分かっていても、その話の真相を知りたくなってしまいますよね~。【検索~】第1章後半では「声に出して読んだら死ぬ」と噂されている『トミノの地獄』という詩が紹介されていますが、その噂を広めたのが四方田犬彦先生だったとは今回初めて知りましたよ! また、その詩に寺山修司や久世光彦が傾倒していたというのも初めて知りました! 確かに『トミノの~』は残酷性と耽美的な美しさが共存している詩で、僕は会田誠さんの美少女絵を思い出してしまいます。『トミノの~』は大正時代に活躍した詩人、西條八十が書いた詩なので簡単に検索できると思いますので、勇気のある方は検索してみては……。あくまでも自己責任でね…。 また、『カシマさん』の様な誰もが聞いた事がある有名な都市伝説でも、地方や年代によって話のバリエーションが様々で、物語って生き物なんだな~とつくづく感じました。 第2章以降では有名な映画やマンガ、TV番組などの裏側や真相を紹介しています。